分譲マンションの雨漏りトラブル

7年前ぐらいに取引した区分所有マンションで買主さんから連絡がありました。

売却相談の話かと思いきや台風のときに雨漏りがして耐えきれなくなり相談したいとの事。

契約当時は個人の売主さん、買主さんの間に入り仲介という立場で取引させて頂いたので即日お会いすることになりました。

買主さんは1年ほど前から管理組合や管理会社、当時施工したスーパーゼネコンと協議を重ねており管理組合の保険で原因調査等も行っている状態でした。

しかし、調査しても原因特定までは至りませんでした。

そこで当時売主だった方に以前からも雨漏りしていたのではないか、隠して売ったのではないかと連絡があった訳です。

当然、売主さんは知らぬ存ぜぬで、契約時には告知事項というのを売主、買主同席のもと聞き取りながら、雨漏りがありましたか?事件事故はありましたか?とかを確認しながら署名、捺印をいただくのですが雨漏りがあった経緯はありませんでした。

瑕疵担保責任の期間も過ぎていますので売主さんへの損害賠償請求も難しいのが現状です。

現所有者はこのまま雨漏りと付き合っていかなくてはいけないのか。

次回はその後についてお話しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました